犬バカな母と、Mix 3ワン子
http://nyunfamily0279.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

まいまい


Author: まいまい ♀

       やぎ座  AB型
       バツイチ 
       元・動物看護士

にゅんファミリー



こはく ♂

マルチーズ&チワワMIX
2008.01.11生まれ





れんげ ♀

ポメラニアン&チワワMIX
2008.04.11生まれ






あおい ♂

こはくれんげの子
2009.04.05生まれ
幼名 ”こい太郎”





検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2014.09.24/ 13:21(Wed)
いや~、参りました。

季節を先取り(?)して、さっそく秋の花粉症でダウンしていたまいまいです。

あまりにもひどいアレルギー反応のせいか、熱出ました。



さて気がつけば、もう9月も終わり。

9月26日は、愛する息子ちびちびの命日です。

ちびちびについての詳細は、旧ブログにて。   にゅんたまれん太郎+



ちびちびと出会ったのは、まいまいが勤めていた動物病院なんですが。

そもそもワタクシが26歳にして動物病院で働きたいと思ったきっかけは、

あるワンコとの別れでした。




ぽっちゃん 』、本名 『 ぽち子

そのビジュアルから最初♂だと勘違いされ、後に♀だと判明後名前に 『子』 がつけられた。

img026[1]


ぽっちゃんまいまいが小5になったばかりの頃に、

近所のオッチャンに連れられて犬小屋付きでわが家にやってきました。

↑ 押し付けられた、ともいう。


特にワンコを飼うつもりもなかった母は、当初だいぶ戸惑っていたようですが・・・

もともと動物好きなばぁちゃんまいまいは大喜び。

その日からぽっちゃんはワタクシの可愛い妹になりました。



img023[1]
ぽち子、2歳。  まいまい、小学校卒業式。


img017[1]
ぽち子、5歳。  まいまい高校1年生。



昔の田舎ではよく見られた、ワンコの姿。

1723_0003[1]
お庭にいっぱい穴を掘って、よく母にしかられてました(笑)




お散歩が大好きだったぽっちゃん

1009_0022[1]

油断すると、いきなり川に飛び込んで泳ぎ始めるワイルド・ガール。


1258_0027[1]

マムシにちょっかい出して、足を咬まれたこともあったな・・・(汗)






阪神淡路大震災の影響で実家から大学に通えなかったため

ぽっちゃんとは数年間離れて暮らしましたが・・・

ま~、寂しかったね(笑)



1009_0013[1]



大学卒業後、まいまいは学習塾の講師の仕事をしてまして・・・

昼間はばぁちゃんぽっちゃんとまったり過ごし、夕方から出勤するという優雅な(!?)生活。



1010_0021[1]



ふと気がつくと、ぽっちゃんは15歳になってました。  まいまいなんて、気がつくと25歳よ (^_^;)

春にフィラリアの予防薬をもらいに動物病院へ行ったとき、

先生から 『もう15歳かー! すごいなぁ』 と言われて初めて気づいたぐらい、

それまで年齢なんて意識してこなかった・・・



0919_0027[1]
ばぁちゃんと、ぽっちゃん



お耳があまり聞こえていないらしいこと、歯がもう何本も抜け落ちてしまってること・・・

ぽっちゃんは確実にシニアの仲間入りをしていたようです。



1427_0024[1]



15歳でもぽっちゃんはまだまだ元気だと、楽天的だったまいまい

その日が突然やってきました。



1010_0015[1]



いや、ホントは突然じゃなかったんだと思うけど。

夏頃から時々、未消化のフードを嘔吐することがあったぽっちゃん。   
病院で胃薬をもらって様子見てました。

年が明けて、いよいよ何を食べても嘔吐するようになり

オシッコの色が濃いのも気になって、ようやく病院へ連れて行きました。



0250_0015[1]



血液検査をして、即入院。

末期の肝臓ガンでした。

三日間集中治療していただきましたが、ほぼ効果がなく

先生との話し合いの結果、家に連れて帰ることになりました。



0919_0017[1]



自分は毎日毎日一緒にいて、ぽっちゃんの何を見ていたんだろう。

チョットした変化に気づいたはずなのに、なぜすぐに病院へ連れて行かなかったんだろう。

ぽっちゃんを連れて帰った日、別れの時がすぐそばに迫ってきている

という現実を到底受け入れられず、ただただパニックになっていたまいまい


0919_0022[1]



そんなヘナチョコまいまいを見かねて、ぽっちゃんは奇跡を起こしてくれたのかもしれません。

明日まで持つかどうか・・・と言われて退院した日から

ぽっちゃんは2週間生きました。



1205_0017[1]



その2週間、夜中に添い寝しながらぽっちゃんといろんな話をしました。

夕方からの仕事をしていた関係で、もともと昼夜逆転生活を送っていたんですよね


最初は 『ごめんね。』 しか言えなかったんだけど

そのうち、楽しかった思い出話なんかをするようになって・・・

時々ふたりでお庭に出て、星を見上げながら話したりとかね(笑)



1205_0018[1]



ヘナチョコまいまいが自分なりに気持ちを整理するのを見計らって(?)

ぽっちゃんは旅立って行きました。



1673_0026[1]



ぽっちゃんのおかげでワンコが大好きになって、

これからもずっとワンコと一緒に暮らしていきたいと思うから・・・・

ワタシ、こんなヘナチョコではアカンわ。


そのときはなぜか、もうそれしかない!ってスゴイ勢いで

動物病院の看護士になることを決めました。



そんなこんなで飛び込んだ動物病院で、

ちびちびかりんに出会うことができたわけですから・・・

きっとぽっちゃんがつないでくれた縁なのでしょう。




そして・・・

まぁ、完全にヘナチョコを卒業できたわけじゃないけど

全力で今はにゅんファミおかぁちゃんやってます。



ブロ友さんがワンちゃんの病気や介護に真っ直ぐ向き合い、その別れの瞬間まで惜しみなく愛情を注ぐ姿には
いつも考えさせられ、自分もこうありたいと感じさせられます。
マーくん、菜々ちゃんのご冥福をお祈りしています。


スポンサーサイト
 
Genre: ペット Theme: ■MIX犬■ Category: 未分類
編集[管理者用]
 
Copyright © 2014 0279, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。